専門学校の入学試験とは?完璧に対策をして試験を突破するために

専門学校へ進学する場合も、大学受験と同様に入学試験が課されます。全く何の試験も課されずに入学することはできないので、どの専門学校を選ぶにしても試験対策を進めなくてはなりません。また、専門学校はその名の通り、進む分野によって学ぶべき内容が異なります。

学習内容が異なれば試験内容も専門学校の分野ごとに異なるので、その点も押さえておきましょう。


専門学校の入試スタイル

一般的に、専門学校の入試スタイルは3つに分かれています。一般入試に推薦入試、AO入試のいずれかに該当することがほとんどなので、気になる専門学校がある場合はどの入試スタイルに該当しているかをまず調べてみましょう。

ちなみに、この中で大学受験のように学力試験が課される可能性が高いのは、一般入試です。一般入試は推薦でもAO入試でもないので、大抵は専門学校の分野に合わせた出題範囲の入試が用意されています。様々な科目が全般的に出題されるというよりも、専門学校の授業に関わりがある科目であることが多いので、しっかりと対策をしておきましょう。

推薦入試とAO入試の場合、より人柄が重視されるケースが多く、面接対策が非常に重要になってきます。この2つの試験内容は小論文や面接など被っている部分も多く、どこが違うのか分かりづらいかもしれませんが、一番の違いは推薦の有無でしょう。

推薦入試はその名の通り、指定の条件をクリアすることで学校から推薦を受けられる制度であり、AO入試は誰にでも開かれています。推薦入試を希望する場合は、何らかの実績を高校時代に残さなければなりません。スポーツでも学業でも、真面目に取り組みつつ結果を残すことが大切です。

AO入試は試験内容に要注意

3つの試験の中で、AO入試は専門学校独自の試験が課されることも多く、特に注意が必要な入試方法です。例えば、グループディスカッションの有無は大きな違いの一つとして数えられるでしょう。グループディスカッションとは、決められた議題について制限時間内に議論する入試方法であり、慣れや入念な対策がないと何もできずに終わりかねません。

グループディスカッションの有無は、入試方法に関する事前説明で明かされているはずなので、希望する専門学校で導入されている場合は注意しましょう。また、AO入試はエントリーが推薦入試に比べて早いことが多く、その点も注意が必要なポイントの一つです。

オープンキャンパスに参加することがAO入試を受けられる条件の一つなど、後々気づいたら手遅れになっている可能性も高いので、高校三年生を迎える前には気になる専門学校のAO入試受験資格を調べておきましょう。オープンキャンパスでなくとも、学校が実施する行事に参加することが条件の場合など多種多様なエントリー方法があるのです。

推薦入試の受かり方

推薦入試は学校が推薦してくれる方法と、自分自身が推薦を行う方法があります。学校が推薦する場合はわかりやすく、学校側が定めている出願要項を満たすだけなので、その条件クリアに向かって頑張らなければなりません。

自己推薦の場合は、こちらも学校が指定している条件を満たす必要がありますが、自分で出願を行う必要があります。また、学校推薦の場合は書類選考だけで試験が終了することもあり、必ずしも面接対策が必要になるとは限りません。

推薦入試もAO入試同様、より人柄が重視される傾向にあります。つまり、面接における対応力が試験突破の鍵になるでしょう。ぶっつけ本番で面接を受けても、経験が乏しければしどろもどろになる可能性があります。面倒でも入念に面接対策をこなすことで、ハキハキと面接をこなせるようになりましょう。

学業以外の対策とは

入試でも学業が大切になることは言うまでもありませんが、専門学校の場合はより的を絞った試験内容が出題される可能性もあります。特にクリエイティブ関連の専門学校を検討している場合は、必ずしも学力が物を言うとは限りません。

グラフィック関連の専門学校に進みたいのなら、国語や英語よりも現時点での画力が求められるでしょう。サウンドなどに関しても同様です。もちろん、クリエイティブな学科のある専門学校でも学業を重視している場合はありますが、必ず一度は試験内容をチェックしておくことで何を勉強したらよいのかを把握しておきましょう。

また、これは面接でも同じことがいえます。面接において高校時代に取り組んだことや時事問題などを突っ込まれるかもしれませんが、自分が進みたい分野に関する質問もされるかもしれません。その時きちんと答えられれば熱意のある学生として受け入れられますし、うまく答えることができなければ熱意を感じられないかもしれません。

知識を問われるというよりも、その分野で就職した時自分がどんな将来像を思い描いているのか、どのようにして活躍したいのかを問われるはずです。人柄が重視されやすいからこそ、しっかりと考えておきましょう。

併願は可能?

一つの大学や専門学校のみを受験するのが専願、いくつもの志望校を受けられるのが併願です。正確には、専願は試験の合格が決まった場合必ず入学することを約束するものです。専門学校の入学試験では、推薦入試やAO入試の場合は専願が多くを占めており、併願は難しいのが現実です。

一般入試でも専願のみとしている専門学校はありますが、併願も受け付けている専門学校も着々と増えており、もしもいくつかの志望校で悩んでいる場合は検討してみましょう。

仮に併願で合格したとしても、他の受験結果を待って入学するか否かを決められますし、より志望校の幅が広がるはずです。ただし、いたずらに志望校を増やしても、一つ一つの志望校に対する対策が疎かになりやすいことは覚えておきましょう。

社会人入試とは?

専門学校は、何も学生だけの進路ではありません。社会人が入学することも当然可能です。しかし、学生向けの試験内容とは若干異なる部分も多く、改めて確認しておきましょう。社会人入試は、学生よりも面接での熱意などが重視されます。

今まで学校で勉強を続けてきた学生と、労働に時間を費やしてきた社会人とでは学業に対するスタートラインが異なります。そのため、社会人入試は内容が別枠で設けられていることが多く、入念な対策が必要になるのです。

とはいえ、専門学校ごとに試験内容が異なることには変わりないので、志望校の試験内容は必ずチェックしましょう。