専門学校でマーケティングを学ぶ

顧客に満足してもらう商品やサービスを提供するためには、マーケティングの知識が欠かせません。しかしマーケティングについてあまり知識を持たない人も少なくありません。ここではマーケティングを学ぶ理由について紹介します。

そしてマーケティングを学ぶ方法は色々あります。そこで、マーケティングを学ぶ方法や専門学校の探し方などを取り上げます。


マーケティングとは

現在自分で事業を立ち上げる人が増えていることから、マーケティングについて関心を持つ人が少なくありません。マーケティングというと商売に必要な概念ということは分かりますが、その言葉自体とても定義が難しいため理解しづらいものでもあります。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立って、顧客との理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動といわれています。これは日本マーケティング協会が定義しているものです。

ここでいう他の組織とは、教育や医療や行政などの機関を含んでいます。さらに市場創造というのは、顧客の既にあるニーズを満たしつつ(すなわち既存市場の維持と拡大)、まだないニーズを探しあて満たす活動(新規市場の創造)のことを指します。

簡単に言えばマーケティングとは、顧客のニーズに合ったものを最適な形にして、市場で作り出される活動のことなのです。


なぜマーケティングを学ぶのか

顧客に買ってもらえる仕組みを作り出す活動であるマーケティング。ここでいう活動とは企業における営利行為のことです。企業が行うことだから、予算や時間や労働力などの限られた資源を効率よく活用して、顧客に買ってもらえる仕組みを作らなければなりません。

ただしここで重要なことは、企業の自己都合だけで活動を進めてはいけない点です。

顧客のニーズに合ったものを最適な形として、顧客満足度を上げることが最も重要なポイントです。ともすればマーケティングとは企業本位による売るための仕組みとなりがちで、良い商品さえ開発すれば売れるだろうと誤解することが少なくありません。

そうではなく顧客のニーズを満たして、顧客満足度を高めることができないとマーケティングとは言えないのです。ここにマーケティングを学ぶ理由があります。

マーケティングを学んでおくと日常生活でも役立ちます

マーケティングを学ぶことは、何もビジネスで役立つからというだけではありません。マーケティングを学んでおくと日常生活でも役立つことがあります。何故なら、マーケティングは日常生活に密接に関係している概念だからです。

普段私たちがモノを買ったりサービスを受けたりする裏側には、必ずマーケティング活動があるのです。その良い例がテレビのCMです。テレビCMを見ているとその商品やサービスに良い印象をもち、購買意欲が高まることを良く感じるでしょう。

これは生産者が消費者の購買意欲を駆り立てるようなPRをするために、マーケティング活動を行っているからです。マーケティングを学ぶことは、ビジネスの仕組みを理解することにつながります。これは悪徳商法や詐欺の手口から身を守れる防御手段にもなります。

時々ですが、ネットワークビジネスと呼ばれる商売が問題になることがあります。ネットワークビジネスでは、人がクチコミなどを利用することで商品流通を図ったり、もしくは自らが販売員となったりして商品を流通させる販売員をどんどん増やしながら展開しています。

このビジネスが成り立っている背景には、お金を稼ぎたい或いは経済的自由を得たいという人の欲望があるからです。ネットワークビジネスのような商売では、どのような仕組みで利益を得るか知る必要があります。そのためには、マーケティングの考えを学んでおくことが大切なのです。

どこでマーケティングを学ぶのか

マーケティングを学ぶ大切さは先述した通りですが、どこで学べるのか関心を持つ人が少なくありません。もちろん自分で本を購入して学んだり、マーケティングについて詳しいサイトで学んだりすることが可能です。独学でマーケティングを学ぶメリットとしては、コストが抑えられることが挙げられます。

また独独学で身につけた知識は、ビジネスを成功に導く強力な武器にもなりえます。しかし独学でマーケティングを学ぼうとすると、戦略を立てたり勉強方法を自分で確立したりと何かと手間がかかるでしょう。そのため、モチベーションの維持がとても難しいです。

また、分からないことは全て自分で調べて解決しなければならないため、勉強がなかなか進まないことがあります。そこで専門学校でマーケティングを学ぶ方法があります。専門学校には専門の講師が在籍しているため、分からないことや疑問に感じている事柄をその場で解決できるメリットがあります。

そして専門学校では事前にカリキュラムが定められているため、継続的に学習しやすい利点もあります。さらに同じ目的を持つ仲間と学ぶことができるため、お互いに刺激合ってモチベーションを維持することもできます。ただし専門学校で学ぶためには学費が必要になるので、予め必要なお金を貯金しておくことが求められます。

マーケティングを学べる専門学校の探し方やカリキュラムとは

世の中には数多くの専門学校が存在するため、どの学校でマーケティングが学べるかを調べたいと考えている人は多いです。高校生であれば学校に相談することが可能ですが、社会人が専門学校を探す場合は独力で探さなければなりません。

まずは、書店で専門学校ガイドを購入する方法が思い浮かぶでしょう。もし書店に出向くのが面倒であれば、インターネットの進学情報サイトを活用する方法も有効です。進学情報サイトの良いところは、検索機能が優れている点です。

検索機能を活用すれば、マーケティングを学べる専門学校の一覧を抽出できます。そこから立地や学費などを比較して、自分に合っている専門学校を選ぶことが可能です。マーケティングを学べる専門学校では、経営学科や経営企画コースなどの名称をつけていることが多いです。

このような学科では2年制を採用していることが一般的であり、マーケティングだけでなく経営戦略や商品企画などの講義も行っています。さらに簿記会計やパソコンの実習もカリキュラムに含まれていることがあります。何故ならビジネスを成功させるためには、マーケティングや経営のことだけでなく、簿記やパソコンの知識も必要だからです。

専門学校では販売士や日商簿記検定などの資格取得もサポートしています。そして、専門学校で身につけたマーケティングの知識は実践でも存分に活かせるのです。